×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

審査の緩いレディースローン お金が借りれない人

審査の緩いレディースローンでもお金が借りれない人とは?

主婦でも専業主婦でもお金が借りたい時の気持ちは同じというもの、しかし属性が明らかに違うので働いている主婦と働いていない主婦では後のキャッシング方法も若干変わってくるというものとなるでしょう。

 

お金が借りたい主婦でも働いている安定収入がある主婦であれば、キャッシングは銀行でも消費者金融でもどちらでも利用可となり働いている女性と同様の融資が受けられる事でしょう。

 

消費者金融の総量規制にも借入件数などが多すぎなければひっかからないでしょうから、年収の1/3以上できないなんて事もそうそう無いはずですよね。

 

又ブラックの主婦だったとしても収入さえあれば審査のゆるい女性スタッフ対応の中小消費者金融のレディースローンからであれば、ブラック融資が出来るというものでカードで例えお金が借りれなくてもキャッシングで借入が出来るというものでした。

 

ちなみに収入証明が出来てそこそこの勤続年数、又は在籍確認なども完璧に対応出来る身分だから配偶者の力を借りる人もないというものでした。

 

これこそ働いている主婦の強みとも言っておいても良いでしょうね。

 

じゃあこれが働いていない主婦、専業主婦といった場合どうなるのか?

 

まず消費者金融では総量規制に真っ先にひっかかるでしょうから審査にはこれのせいで通らないです。
ですからお金が借りたいのであれば配偶者の力が必要となってくるでしょう。
と言っても必ず配偶者が賛成してくれるかどうかもわからないですし配偶者の同意書が貰えるかも定かではありませんから、消費者金融の審査以前に旦那さんの審査に通る必要があると言えるでしょう。

 

しかしいちいち夫の許可を貰ってお金を借りるなんてウンザリなんて人もいるかもしれませんよね。
だから楽天銀行とかじぶん銀行とかで配偶者の収入証明だけして後は同意書不要で簡単に借入なんて方向で考えてしまう専業主婦もきっと多い事でしょう。
まあこれで低金利の銀行でお金が借りれるキャッシング出来るならば言う事ありませんが、例え審査に通っても銀行の場合は専業主婦専用の融資枠となるので40万円借りたいとか言っていたらお金が借りれないので注意が必要ですよ。
最大の融資額や借入限度額は筆者調べによりますと一応平均30万円位だと思っておいて下さい。

 

但しもしも大手消費者金融や銀行でお金が借りれないブラックだったりすれば当然利用不可能となるので、こんな時はブラック対応の中小消費者金融を利用するしかありませんでしたよ。

 

これが働いていない専業主婦のキャッシングルートとなるみたいでしたね。

 

但しブラック対応でも絶対にお金が借りれない人がいるみたいでしたので、後はこれらの対象者にならない事を願うばかりですね。
ちなみに絶対にお金が借りれない対象者もしくはほぼ借入れ不可能対象者として母子家庭とか専業主婦のシングルマザーとかでしたね。
恐らく生活保護で暮らしている人なんかでは安定収入で生活出来ているにせよ自力で稼いだ収入ではないので国からの融資は収入とは見込まれないみたいでしたからね。

 

又離婚をしていたり片親の場合配偶者の力を借りれないので消費者金融の総量規制をクリア出来ないといった最大の壁がある事なんだと思いました。
さすがにここまで来れば働いてお金を稼がなければ本当にいざという時のキャッシングは出来ないって思うものでした。

関連ページ

審査の緩いレディースローンって何処にある?
審査の甘い中小消費者金融のレディースローンであれば難なくキャッシング可能となるでしょう。但し専業主婦の場合融資限度額が少ない場合が多くいきなり40万円借りたいとか言っても難しいというもので
審査の緩いレディースローンなら専業主婦でもお金が借りやすい?
主婦がキャッシングするんだとすれば銀行とか消費者金融のレディースローンなんだと思いますけれど、専業主婦がお金を借りたいと思っても単独で配偶者の同意なしではお金が借りれない事となるでしょう。
審査の緩いレディースローンは働いている主婦なら絶対にお金が借りれる?
主婦がお金を借りたい時に自分が既に働いている収入がある身なのであればキャッシングは容易なものだと思います。だから選べるキャッシングもレディースローンとか銀行とかどちらで申込してもOK。ただ安定収入が絶対なので自営とか水商売だと融資が受けられないので注意が必要
審査の緩いレディースローンでお金を借りたい専業主婦は何処でお金を借りるべき?
専業主婦がどんなにお金が借りたいと思っても、絶対に申込しない方が良い金融機関があるんだとすれば消費者金融なんだと思います。何故ならば消費者金融でキャッシング申込しても収入が全くないであろう専業主婦の立場では総量規制の年収の1/3以上できないという借入制限に無収入だからひっかかってしまうんです。